現場日記

立ち上がりを打設
202106.03

片岡 大です

倉敷市 新築工事 茶屋町 ユーリン・ホーム新社屋

前日に底盤コンクリートを打設後

水中養生を施していましたが

コンクリートを覆っていた水は

一晩で綺麗に蒸発していました。

(コンクリートの自熱作用は凄いですね。)

今日は立ち上がり部分の型枠を組んで

コンクリートを流し込みました。

写真は流し込んだコンクリートの天端を

コテで均して少し時間

経った状態です。

この時点では土台が据えられる

立ち上がりの天端は完全に

平らな状態ではありません。

この後レベラーと呼ばれる

特殊なセメントを流し込んで

不陸調整を行います。

レベラーの説明は後日させて頂きます。

基礎工事は

しばらく養生期間を経て

型枠を解体します。

執筆者:片岡大悟
カテゴリーcategory
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ