現場日記

削りの女王降臨
202207.15

昨日は削ろう会で

2度の優勝記録をお持ちの

市川仁美さんが来月事務所で行う

ワークショップレッスンの

打ち合わせに弊社を訪れて下さいました。

市川さんは大工道具や料理包丁を扱う

岡山市北区の「市川金物」の嫁がれてから

かんな削りに興味を持たれ

特訓を重ねて削ろう会に出場されて2回の

優勝成績を残されておられ

「削りの女王」と呼ばれています。

市川さんのかんな削りに対する姿勢はまさに

「道」であり「茶道」や「華道」と

同じく「かんな道」と呼ばれるほど

追及されておられます。

砥石で研いだかんなの刃先を顕微鏡でみて

刃の端から端まで均一に研ぎ上がっているか

調べたり、良い削りをする為には

普段からの心構えや礼儀正しさ

人間性が大切という考えに

感銘を受けた若い大工さんが数名

「かんな道」に

弟子入りされておられます。

そのうちの一人が私の知り合いだった事から

今回のご縁を頂きました。

ワークショップではこちらを作ります。

薄く削ったかんなくず

(削り華ともいいます)で

バラの花を作り造花と組み合わせてつくる

スワッグ

です。

市川さんは伝統技術を一般の人に

広く知って欲しいとの想いから

けずり華を使ってアートフラワーや

スワッグ造りの教室を始められました。

何より市川さんご自身がとても気さくで

明るく会うと元気を頂ける方なので

楽しい集まりになるはずです。

是非8月28日のワークショップに

ご参加下さい。

執筆者:片岡大悟
カテゴリーcategory
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ