社長ブログ

奥さんの絵ハガキ
202102.03

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

「T橋のお母さんは絵も
習っておられるんじゃろ‥‥
ワタシ上手じゃないから
嫌じゃわぁ~」

昨日まで話していた和ちゃんが
朝 
台所の食卓でT橋ご夫婦に出す
絵ハガキを書いていた。

21kakioisi02.jpg

「何て書いたらええんじゃろ?」

「『またのみましょう』で
好いんじゃないの
『のむ』は『飲む』より『呑む』で
『しょう』は『せう』のほうが
絵ハガキが決まるかな」

「こっちの白い所は?」

「『カキは美味しかったです』
ぐらいでどうかなぁ~」

この文は後から葉書を見たチヒロから
横槍が入った。

「『は』だったらアサリや漬物が
美味しくなかったみたいじゃなぁ~」

「T橋のお母さんは
すごい人じゃねえ~
ケーキを作られても
お寿司を作られても
白菜漬けもユズポン酢も‥‥
何でも作られるし美味しいし
何でも出来るんじゃもん」

奥さんが感心して
詠ずるように呟いた。

「今度T橋さんに逢った時に
思った通りに言やぁええが‥‥
『お母さんは何でも出来はって
すごいですよねぇ~
ワタシなんか主人を愛することしか
出来ませんのに‥‥』
って言うたらバッチリやが」

「アホらし‥‥口が裂けても
そんなことを言うか‥‥」

折角の助言に膠(にべ)も無い返事だった。

昼食に
事務所から帰ると
台所に奥さんが描いた自画像が
広げてあった。

内面性がよく表現された
口角が上がり歯並びの可愛い
『如何にも』という自画像だった。

21okujigaou02.jpg

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ