社長ブログ

母よー淡くかなしきもののふるなり
202104.03

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

「桜を見に4人で散歩に
行きませんか?」

昨日の午後
チヒロの誘いに乗って
カズトを乗せた乳母車を押し
先を行くヒロトの気儘な歩き方に
気を揉みながら
汐入川の土手を4人で歩いた。

 母よー
 淡くかなしきもののふるなり
 紫陽花いろのもののふるなり
 はてしなき並樹のかげを
 そうそうと風のふくなり

昨日も思いのほか強く
風はそうそうと吹いていたが
私はずっと先を行くヒロトが
気になって
三好達治の詩どころでは
なくなった。

『あ~ぁ‥‥転んだ‥‥』

ヒロトは
泣かずに起き上がる性根を
爺に見せてくれた。

『えらいぞ‥‥』

21hirotokoketa04.jpg土手筋を北に
高橋まで歩き
信号機のついた道を
横切り
桜並木までいった。

まだ花びらを追って
花びらが舞うほどに
桜は散っていなかった。

桜は今が見頃だった。

 淡くかなしきもののふる
 紫陽花いろのもののふる道
 母よ 私は知っている
 この道は遠く遠くはてしない道

紫陽花いろのものは
ふっていなかったが
淡くかなしきものは
実感として確かに
ふっていた。

21sannpo04.jpgヒロトとカズトが
この道が遠く遠く
はてしない道だと知るのは
いつの事になのだろうか‥‥。

男の子にとって母への慕情は
はてしない道なのだ。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ