社長ブログ

大工的建築用語・首切り
202107.28

あなたのための家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日のダイゴのブログ『首切り』を
覗きに来る人が多かった。

私も興味津々で
出来栄えを見に行ってきた。

『首切り』とは大工的建築用語で
床板などを差し込むために
柱などに施す欠け込みのことだ。

床板を差し込んだ時に
柱と床板の間に隙間があっては
見るからに不細工だ。

大工の腕の見せ所でもある。

事務所兼ショウルームの
柱の背割りから見ると
柱の欠けこみの『首切り』の下に
ぴったりとアカシヤの床が
差し込まれていた。

赤木の棟梁は若いが
名人親方であるお父上が
厳しく仕込んだだけあって
確かな仕事振りである。

また ダイゴは棟梁に
アカシアの床材を
平行にするのではなく
斜めに張るように
注文したようだ。

柱の下に差し込んだ床材は
背割りの所で少し覗けるが
斜め45度に切り落としてあるのが
よく分かる。

若い棟梁が煩雑な仕事を
喜々としてしてくれるのも
大工としての腕も良い
ダイゴの対する信頼感なのだろう。

白いサッシを下にして写真を撮ると
サッシ枠と床の継ぎ目が
平行ではなくて
斜め45度で交わっている。

ダイゴオリジナルのこだわりらしい。

出来上がりが楽しみだ。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ