社長ブログ

ビカクシダの小苗
202107.30

あなたのための家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

今日は
朝早くから柿の木の細い枝を
20~25㌢ばかりの長さに切り
丸く束にした。

でこぼこのある束の上にはに
ミズゴケを詰めた。

ミズゴケの上に
大鉢の下の方から芽を出してきた
ビカクシダの小苗を剥ぎ取って
着生させようと思いついたのだ。


数あるビカクシダの鉢の
あちこちから
小苗が芽を出してきている。

そのままにしておくと
鉢全体の姿が悪くなるので
小苗は剥ぎ取るのだが
根が貧乏性だから
捨てることができない。

小さな鉢などに着生させ
それなりに成長したら
別の鉢などに移植して
貰い手を探すこともできるが
今のままでは貧弱過ぎて
貰って頂いても
大切にして貰えまい。

そう考えて手元にある鉢や
手作りの鉢様の物に着生させて
大きくしようとしている。

柿の枝の束の上に
ビカクシダの小苗を置いてみたら
少し面白いものになった。

大きくなるかどうかは
小苗の力だが
2~3年もすれば枝の隙間から
脇芽を出してくるかもしれない。

しかし今の状態でも
ビカクシダが大好きな私としては
只々愛おしい。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ