社長ブログ

接骨院兼自宅の上棟日
202108.23

あなたのための家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日は倉敷の船穂町柳井原で
五体堂接骨院の長谷川院長の
接骨院兼自宅の棟上げの
日だった。

四方祓いの時には
チャッカリと孫のヒロトまで
参加していた。

長谷川さんは今
倉敷の宮前で接骨院を
開業されている。

私と奥さんも
月に一度は施術を
受けている。

私の場合は右肩が痛くて
気功による施術を
受けていると
いつも患部が温まり
施術中は半分以上
眠っている。

長谷川さんが
宮前から離れた柳井原に
新たに土地を求められたのは
前世 長谷川さんは柳井原の
神社の宮司をされていた
からだという。

その神社は現存しているが
建てた宮大工が前世の
婿のダイゴだったらしい。

長谷川さんは
ダイゴと出会った時に
そのことをすぐに
分かったという。

長谷川さんは
自宅兼接骨院を
建てる場所は柳井原しかなく
家を建てる大工は
ダイゴしかいないと
確信されたという。

ダイゴはこの度の家作りに
監督として携わるのだが
神棚を祭る部屋だけは
長谷川さんのたっての希望で
大工として腕を振るうのだそうだ。

私はそう言った因縁話を
信じる方ではない。

ところが
長谷川さんの口から
経緯(いきさつ)をお聞きすると
有っても不思議ではない話だと
思えるのだ。

長谷川さんの内面から
醸し出される何かが
全人格に憑依して
説得力を持つからだろう。

良い接骨院兼自宅が
建つものと確信している。

昨日は上棟の帰りに
奧さんとチヒロに
二人の孫を連れて
コメリでモーニングを
食べた。

三歳のヒロトが一人前に
グレープフルーツジュースに
トーストとゆで卵の
モーニングを注文していた。

案の定
ジュースには顔をしかめ
トーストは塗ったいちごジャムを
舐めるだけだった。

それでも
こんなに早く孫と
モーニングを食べる日が来る
とは考えてもいなかったので
楽しいひと時ではあった。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ