社長ブログ

9月の「禅語こよみ」
202109.01

あなたのための家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

今日から9月だ。

「禅語こよみ」は
鶉に露草図
(雲谷等宥筆/江戸時代
(十七~十八世紀)/
花鳥山水人物押絵貼交屏風
第三扇の一)。

鶉衣百結(じゅんいひゃっけつ)
    最も情に関る
草花 野に満ち 秋 織るが如し
     (景徐周麟「便面」賛)
このおれを 
  やぶれごろもに 
      たとえるな

昨日は
チヒロが文近堂で
甘夏を上に乗せた外郎(ういろう)
を買ってきた。

京都では6月30日に
上に小豆を乗せた外郎を
夏越の祓い』で
食べる習慣がある。

三角形の白い外郎は
』の見立てで
これからやって来る
本格的な夏の暑気祓い。

豆は節分の豆と同じで
(邪気)』を祓う為だ。

菓子の名は『水無月』。

昨日が8月の晦日
(みそか)だったので
『この外郎にも来歴や
名はあるんかいなぁ』
と思いつつ
食べさせてもらった。

昨日も2鉢づつあった
フィカス・バーゲンディ
フィカス・アルテシーマ
1鉢にした。

写真右の
バーゲンディはチャチャの100金で
4年前に双葉を買ったものだ。

そのかぼそい様子を思い出すと
愛おしさが
弥増(いやま)すゴムの木だ。

まだまだ暑さは続くだろうが
ゴムの木の植替えで
『私の夏は終わった』
という気分になっている。


執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ