ただの相談役 気まぐれブログ

チャンスに後ろ髪はない
202111.17

あなたのための家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日の夕飯後
酔いに任せてゴムの木の
大鉢を三つも
2階に運んだものだから
すっかり疲れてしまい
目覚めると午前2時だった。

慌ててタントと散歩に行き
散歩後に
趣味の部屋に明かりをつけ
改めて見たが
全くスッキリとは
ほど遠い部屋だった。

7000冊以上
真備の図書館に
寄贈したとはいえ
まだまだ本はある。

鉢物の観葉植物は
「売ったら」と
言われるほどだ。

安くて小さくて重い
お気に入りの置物は
どこからでも出てくる。

スッキリとしないのも
仕方がない。

東の中蓮窓の下には
新書本用のキャビネットを
3個置き
その上を
奥行30・幅180ばかりの
天板で固定した。

置いた植物は
アラマンダ・クロッサンドラ
コマドカズラと
セイロンライティア
コンロンカだ。

南の中蓮の窓下も
キャビネットは2個だが
天板は同じようにした。

置いた植物は天板に
シコンノボタン・ビカクシダ
ハナキリン3鉢を置き
両脇に
ハポニア インテルメデイアと
サンタンカ スパーキングで
赤く飾り
より華やかにした。

南の窓のない壁面には
私の高校入学の時に
中井の親戚から頂いた
お祝いで買った本棚を据えた。

西の中蓮窓の所には
何故か気に入って
捨てられない
桜材の本棚を今回も置いた。

植物はビカクシダ2鉢。

北の壁面には
川埜龍三さんの作品を
飾らしてもらった。

チヒロのアドヴァイスで
絵の上下を変えた。

安定感が増したようだ。

「部屋はスッキリさせる」
と豪語しながら
天板を作らせるなど
二律背反した行動を
初めからとっていた。

スッキリとした環境の機会は
断捨離の出来ない私には
無理だったのだ。

機会と言えば
先日本を読んでいたら
ギリシャ神話の「機会の神」
カイロスのことが出てきた。

カイロスはギリシャ語で
機会(チャンス)を
意味するという。

絵を見ると
髪は前髪だけで
後頭部は禿げていた。

なるほどチャンスは
通り過ぎると後ろ髪を
つかめないはずだ

チャンスに
後ろ髪はないのだ。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ