ただの相談役 気まぐれブログ

図鑑の約束日
202203.11

大切で大事な家の診療所
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日は木曜日で孫に
『図鑑を買ってやる』
と心中深く誓っている日だった。

下庄の宮脇書店に行き
ニューズウィークと
注文をしていた本と
新書本も購入してきた。

『日本の誕生
皇室と日本人のルーツ
(長浜浩明 著・WAC )』

『古代中国の24時間
秦漢時代の衣食住から性愛まで
(柿沼陽平 著・中公新書)』

昨日もハンギングの制作に励んだ。

午前中はビフルカツムを主にした。

中鉢1個で3株と
クリアカップ1個が取れた

大鉢まで株分けすると
ビフルカツムの板付けが
幾つまで増えるのか
分からない。

ビフルカツムのハンギングは
もうすでに23個も作成している。

大鉢は3体残っている。

『中鉢までの株分けにしておこうか』

思案し始めている。

昼食後は本屋に行き
帰宅後にビーチ―2鉢と
アルキコルネ1鉢の板付けに
取り掛かった。

ビーチーの1鉢目は
株分けが難しくて
Ⅰ鉢丸々ハンギングにした。

上下が分からなかったので
全ての胞子葉が伸びてきたら
得手勝手な見苦しい姿になりそうだ。

白い胞子葉の美しいビカクシダだが
何れハンギングの手直しが
必要だろう。

ここで電話があって
運船不動産のマコちゃんと
新事務所で会うことになった。

5時半まで話が弾んだ。

「落ち着かんわ~
明日にすりゃよかろうに

夕食後に
食卓の上にアルキコルネを持ち込み
二つに株分けをし
板付けに取り掛かった。

奥さんが珍しく
怒りをあらわにして
2階に去って行った。

営業の性(さが)なのか
やりたいと考えていたことを
達成しないと私としては
そっちの方が落ち着かないのだ。

アルキコルネは何とか
ハンギングにまで
仕立てることができた。

さすがにビーチ―
残りの1鉢は後日に回した。

ビーチ―アルキコルネ
米松の樹皮に板付けをしたので
少し高級感で出たように感じる。

『どこかにコルクの樹皮は
無いものだろうか』

最近よく考える。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ