ただの相談役 気まぐれブログ

感傷的な季節
202208.19

職人も家を頼みに来る会社
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日は私用でチヒロと一緒に
倉敷中央病院に11時に行ってきた。

昼食は中病の南前の寿司勝で済ませた。

私は初めてだったが
チヒロは幾度か来たことがあったそうな。

昼食後はチヒロを家に送り
私は難波氏に逢うために
大福のコメダ珈琲に車を走らせた。

難波氏に逢うのは今年になって2度目。

コロナ禍の中で
めっきり逢うことが少なくなった。

帰宅すると何故か疲れを覚え
4時前から寝室に籠り
5時までぐっすりと眠った。

その為だろう
10時過ぎまで寝付かれず
タントの散歩に目覚めた時には
午前3時を回っていた。

散歩のときに気付いた。

短パンと半袖のTシャツ姿では
夜中の戸外は肌寒くなってきている。

『秋は来(き)ぬ』と数日前に
ブログに書いたが
『秋』は『飽き』の掛かり言葉だ。

昨夜の雨と秋で古今和歌集の歌を
想い出した。

わが袖にまだき時雨の降りぬるは
 君が心に秋や来ぬらむ

私の袖が
時雨が降ったように
もう涙に濡れているのは
秋になって
あなたの心に
飽きが来たからでしょうね

午前5時が過ぎた。

外はまだまだ薄暗い。

感傷的な季節が始まっている

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ