ただの相談役 気まぐれブログ

越智夫人のシャインマスカット
202209.05

職人も家を頼みに来る会社
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

「これはまた
この間持ってきたブドウと違うブドウで
うちのお母さんの会心のブドウです』

瓦屋の越智さんが来られて
8月4日に下さった『紫玉』と違う
シャインマスカット『晴王』を
下さった。

越智さんが自慢するだけあって
一粒一粒が大きく揃っていて
大房の見事なブドウだった。

まるごと皮ごと食べられる
種成しブドウだそうな。

「向こうには(会社)にはこれから
別に持って行きますかこれから」

越智さんはそう言い残して帰られた。

有り難いことだ。

『そんなに人にばかりやっていて
大丈夫なのかなぁ~』

ブドウの生産者になった奥さんから
越智さんが仕入れて
持って来て下さるのだろうが
やはり心配になってくる。

昨日は
ビカクシダ・スパーバムの胞子を
こそげとってみた。

私ながらの効率の良い胞子培養を
目指しているのだが難しいものだ。

ビカクシダ・ビフルカツムのハンギングは
30ばかりあろうか。

猛暑日・熱帯夜が過ぎ去り
活き活きと貯水葉・胞子葉を
伸ばし始めた。

ビフルカツムは私が40年来育てて
株分けをしてきたビカクシダだ。

我が家の環境にすっかりなじんでいる。

一昨年までは大鉢で好き放題に茂らせていた。

大鉢を分解して一つ一つの成長点を
板付にしたら
ハンギングがたくさん出来た。

しかし そのハンギングはどれも幼い。

板付での野趣に富んだ荒々しい完成形を目指している。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ