スタッフブログ

オールドパーと「あちらにいる鬼」
202211.29

こんにちは。

ブログが進まない千です。

って、一度書いてみたいですが、毎日たいしたことを書いてないので、書いてみて恥ずかしいです。

最近は、絵が描けたらいいのになぁと思います。

絵心は微塵もなし。

自信をもって言います。

絵が描ける人を、ある意味文章が書ける人よりも尊敬しているかもしれません。

                                                      さてさて、最近は週末ちょっとお酒を飲む程度なんですが、スーパーに行くとオールドパーを探しています。

ないんですよ。

なぜか。

今月の中旬に「あちらにいる鬼」という映画を観ました。

その映画の中でオールドパーが出てきたので、帰りにコンビニで買って、自宅で飲んでみました。

ウィスキーを一人飲むのもなかなか良いもんだな、うむ。

なんて思って飲んでみたのはいいのですが、その後スーパーで買おうと思っても売ってないんです。

ドラッグストアにもなく。

逆に、コンビニによくあったなぁと思ったぐらい。

私の中でウィスキーの思い出といえば、先輩方に連れて行ってもらったスナックと創業当時の実家。

スナックでのウィスキーは定番ですが、実家ではいただきものの洋酒が結構置いてありました。

会社を創って仕事がなかった頃、ガマさんと母と3人で洋酒をどんどん空けていきました。

オールドパーもあったかなぁ。

角瓶や響、VSOP、ローヤル…。

ブランデーもありましたが、もう銘柄とか関係なしに、とにかくあるものを飲むって感じでしたねぇ。

今日はこれにしようなんていって、何をつまみに飲んだか覚えていませんが、あった洋酒を全部飲み尽くしても仕事はないままでした。

ほろ苦い思い出。

オールドパーを飲みながら、当時を思い出してしんみりしていました。

                                                     付け足しですが、オールドパーを飲むきっかけになった「あちらにいる鬼」、面白かったですよ。

原作者の井上荒野さんが元々好きで観ました。

まだ原作は読んでませんが、読む前に映画を観ておこうと思って。

瀬戸内寂聴さんと荒野さんのお母さん、お父さんで作家の井上光晴氏をモデルに三角関係を描いた作品。

愛のカタチとは様々ですね。

オールドパーを飲む以外のことは、誰の真似もできそうにありません。

執筆者:片岡千尋
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ