新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ

琥珀の夢

オンリー・ワンの家造り 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

今月の「三ちゃん便り」の原稿の
手直し部分があるかどうか
午前4時の読書時間を削って
事務所に来ますと
依頼していた本の上下2巻が
置いてありました。

kohakunoyume12.jpg『琥珀の夢 
小説・鳥井信治郎 上下
(伊集院静 著・集英社)』

【帯・上】
サントリー創業者・
鳥井信治郎のひたむきな日々

【帯・下】
サントリー創業者・
鳥井信治郎の果てしなき情熱

「鳥井さん(トリイサン)」だから
サントリー。
.
私も会社を創業したときに
鳥井さんのサントリー命名のことを
思い浮かべました。

中井さん(ナカイサン)で
(株)サンナカィーでは何の会社か分からない。

サンナカィー・ホームでは・・・・・・垢ぬけない。

鳥井はトリイだから
リィー・リーと変えられますが
中井はナカイで
カィーではどうしても無理がある。

では・・・「さん」は付けずに中井でいくか・・・。

中井を後ろから読んで
井中・・・イナカ・ホーム・・・ちょっと臭い。

やめました。

ところで
臭(くさ)い関連の鳥井さんの言葉。

鳥井さんがウィスキーを
ブレンドするときに曰く

「ええ匂(にお)いいうもんは
やっぱりウンコの臭(にお)いが
入ってんとあかんのや」

ウコンを飲むたびに
思い出す言葉です。

カテゴリ

動物関連の本・2冊

オンリー・ワンの家造り 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

11月21日(火)に奥さんと千と3人で
イオン倉敷に行ってきました。

zannnennna ikimono2.jpgchouruigakusha.jpgそのときに
買った本2冊。

『おもしろい!
進化のふしぎ
ざんねん
いきもの事典
ざんねんすぎて
愛おしい
(今泉忠明 監修・
下間文恵 絵・
丸山貴史 文・
高橋書店)』
.
【帯】
待望の第2弾!!
トラは笑っちゃうほど狩りがヘタ
どうしてそうなった!?
思わずつっこみたくなる生き物続々

次女が帰省の折に
第1弾を買わされていたので
第2弾も買うはめになりました。

おもしろくて
雑学の役にも立ちますので
買うことに躊躇しませんでしたが・・・ね。

「ざんねんないきもの事典」を買うと
動物関連の本に目がいってしまって
ついつい買ってしまいました。

『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。
(川上和人 著・ 新潮社)』

【帯】
売れてます!
笑えます!
続々大増刷
出張先は、火山にジャングル、無人島!?

鳥類学者に必要なのは一に体力、二に体力?

   噴火する火山の溶岩、耳に飛び込む巨大蛾、
襲い来るウツボと闘いながら、無人島には泳いで上陸し、
   吸血カラスを発見したのになぜか意気消沈。
 空飛ぶカタツムリに想いをはせ、鳥の骨に恍惚とし、
   増え続けるネズミ退治に悪戦苦闘する――

センセイ、ご無事のお戻りを、祈念して折ります・・・・・・(担当編集より)

この本によりますと

 おそらく、一般に名前が知られている鳥類学者は、ジェームス・ボンドぐらいであろう。
英国秘密情報部勤務に同姓同名がいるが、
彼の名は実在の鳥類学者から命名されたのだ。
隠密であるスパイに知名度で
負けているというのは、実に由々しき事態である。
スパイの名前が有名ということも、
英国秘密情報部としては由々しき事態である。

ということらしいです。

カテゴリ

リベラル

オンリー・ワンの家造り 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

今朝の読売新聞の「解説」欄の「読み解く」に
編集委員・斉藤雄介氏の「情熱足りぬという前に」
という記事が掲載されていました。

yomitoku.jpg
 「20歳ときにリベラルでないなら、情熱が足りない。
40歳のときに保守でないなら思慮が足りない。」
チャーチルの言葉だといわれる。(略)
 「保守的」か、「革新的(リベラル)」か、
自己判断を
聞いたところ、「革新的」と答えた人が
60歳代で34%。
各年代を比較して最も多かった。
ついで、50歳代で21%。

 一方、保守的と答えた人は30歳代で42%で
最も多かった。
また、「現在の生活に満足している」
割合も、小選挙区で
自民党に投票した割合も、
10~20歳代が最多だった。(略)

 若い世代に、情熱が足りないのだろうか。
我が家の大学生の
娘に、「どの政党が、リベラルか、
保守かわかるか」と尋ねたところ、
「リベラルが自民、
保守が立憲民主と共産」と答えた。憲法を

保守しようとしているのが野党だから、という。
 少なくともリベラルを掲げる側の言葉が
若者に
響かなくなっていることは確かだ。

私は今年67歳。

この記事のチャーチルの言葉のように
20歳のときにリベラルで40歳のときに保守。

リベラルの現在の世界的な捉え方としては
「Liberal Pinky Fool(愚かな馬鹿)」で
退嬰的で反進歩的という意味らしいですが
日本では未だに
良識的自由主義という意味で捉えられています。

しかし 今朝の斉藤氏の記事を読むと
私たち60歳代が20歳代の頃のように
今の若者も解ってリベラルを支持しているのではないか
今の政党の考え方に対する捉え方は正しいのではないか
リベラルを良識的自由主義という意味で理解しているのではないか
と考え直してしまいました。

自由民主党は英語表記にすると
Liberal Democratic Party」となり
リベラルそのものですもの・・・ねぇ~。

nakamuramikisannkara.jpg昨日
なかむら行政書士事務所の
中村美紀さんから
マンゴープリンとマスカットジュースの
ギフトが送られてきました。

お気遣いをありがとうございます。

カテゴリ

「クラブン」と4人のお姉さん

オンリー・ワンの家造り 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

4baba.jpg昨日 
クラブンの営業の栗尾氏と
補修の宮本氏に手助けされて
倉敷随筆クラブの全集の
第33集「あいつ」の印刷を
半日で終わらせることができました。

頁の仕分けも
昼前までに手早く済ませ
コーヒーに持って来てくださった
ショート・ケーキ添えてお出しして
4人のお姉さんたちとも
1時間ばかりのお茶の時間を
賑やかに過ごしました。

倉敷随筆クラブのメンバーは
佐藤圭一先生を筆頭に
みなさんが「」と「」を
持っていらっしゃいます。
.
そのお蔭を頂いて今の私があると
昨日もつくづく思いました。

みなさんといると皺顔のことを忘れて
楽しくて時間を過ごせます。

カテゴリ

倉敷随筆クラブ・第33集「あいつ」

オンリー・ワンの家造り 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

kurasikizuihitu33gou.jpg今日は4人の同友のお姉さん方を展示場に迎えて
倉敷随筆クラブ・第33集「あいつ」の印刷の日です。

今年の3月の発刊した第32集「灯明」から
1年もたっていないのに第33集を上梓できるのも
この1年でS山女史・H口女史・O智氏・S水氏と
4人も同友が増えたおかげです。

ページ数も54頁から62頁へと充実しました。

15名の同友のうち5名が男性になったことも
私にとってはありがたいことです。

なお 5名の男性のうち4名は寅年生まれ
女性の1名を加えると15名中5名が寅年というのも
私にとっては嬉しいことです。

雑談を交わしながら作業を楽しむ一日になりそうです。

カテゴリ

良い家造りのコツ?」「ご縁・・・」

オンリー・ワンの家造り 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

IMG_9019.jpg先日商談に来られた方が
本棚の本を見られて
「よく勉強されている」と
感心して下さいました。

「これらの本の半分は
我社で家をお建て下さった方の
所有されていた本です。
家を建てたからいらないと
寄贈して下さいました。
左上に苗字が書いてあるでしょう・・・」

「そうか・・・やはり家を建てるには
これくらい勉強しなければ
いけないんですね~」

「さぁ~どうでしょうかねぇ~」

.
本を読んで知識が増えると家造りに
不安を持つ原因になる面もあります。

「オタクの選択の元は何でした?」

「営業でしたね・・・良い人で・・・
感性があったというか・・・」

「それは重要なことだと思いますよ・・・
ただ地域ビルダーとか
メーカーだと・・・ねぇ~」

「そうなんですよねぇ~
メーカーだったんですよ・・・ねぇ~」

営業社員を抱えている会社では
営業はお客さんに契約書の印鑑を
押させるまでが仕事なのです。

「契約の時が一番
気分が盛り上がっていて
家が建って来れば来るほど
気分が盛り下がってきて
家を引き渡されてからの
この3年の嫁さんの夢は
建替えですもんねぇ~
良い家造りのコツって
何なんですか・・・ねぇ~?

「やはりご縁でしょうか・・・ねぇ~」

答えたものの
これがといったものは
思いつきません。

ただ
ユーリン・ホームのリフォームの場合だと
娘婿の大悟の存在でしょうか・・・。

最近 千がブログに
書いていましたように
友人・知人の紹介や
家を建てて下さった方の紹介で
ゴソ仕事はもとより
大がかりなリフォーム工事の
依頼が増えてきて
工事をお待ちいただいている状態です。

宣伝広告を一切しないのに
仕事がいただけるということは
娘婿の大悟が腕の良い大工で
ちょっとしたリフォーム工事なら
自分でこなしてくれるからだと考えています。

リフォーム工事に関しては
営業・積算・施工全てを一人でこなし
口下手ですが大悟の誠実な性格が
間違いのない嘘のない仕事をし
「ご縁」をより一層生かしてくれています。

ありがたいことです。

秋にすっぽりと鉢から抜いてuekaetafuurann2019.jpg
ミズゴケを倍ほど補充し
植え戻しておき
実家で様子を見ていた風蘭を
展示場に持ってきました。

花が咲くのは
半年先のことですが
植物は
その花を見せてもらうためには
一年を通しての養生が大切です。

植物もそう・・・
仕事もそう・・・
人間関係もそう・・・
花を咲かせよう
花を愛でようと思ったら
気長な養生が大切です。

養生をし続ける誠実さでしょうなぁ~。

カテゴリ